5000人が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中
ギター

【日本製vsアメリカ製】ギター 生産国の違いについてプロが一刀両断して見た

こんにちは!
次世代型ギタリストのSHAMです。

「ギターは値段が高いほど良い」と思っていませんか?
もちろんある程度は値段と品質が比例するものですが、盲目的に「高いギターは良い」と考えるのは、少し待ったほうが良いかもしれません。

今日はギタリストなら誰でも一度は考えたことがある疑問。
「ギターの価値は値段に比例するのか?」にスポットを当て、プロギタリストならではの知見で意見を述べて見たいと思います。

驚き!ハイエンドギターを本国で買うと…

(https://www.prsguitars.jp/より引用)

近年、ハイエンドギターと呼ばれる500,000円を超えるような高級ギターが楽器店にたくさん並ぶようになりました。

しかし、これらのギターは実はアメリカ本国なので買うと大体2,000ドル台後半から4,000ドル弱位の価格帯に収まることがほとんどです。

  • PRS
  • Shur
  • TOM ANDERSON

あたりの人気が高いですね。

SHAM
SHAM
もちろん、フレイムメイプルなど高級材などを使った、よりハイエンドなモデルはもっと高額です。しかしそれを差し引いてもこの価格差は結構驚きですね

これら日本では500,000円以上で販売されている楽器も、本来の値段で言うとおおよそ200,000円台後半から400,000円弱程度になると言えそうです。

この価格帯と言うのは、いわゆる国内のコンポーネントギターブランドの価格帯と一致します。

  • FUJIGEN
  • Crews Maniacsound
  • Freedom Custom Guitar Reserch
  • Combat
  • Sago

この辺りのメーカーの主力商品はだいたい上記の価格帯に収まるようです。

つまり

「国産とアメリカ製のものは、本来の価格帯としては大きく変わらない」

と言って良いと思います。

 

プロから見た日本製ギターとアメリカ製ギターの違いとは?

(1)生鳴りの違い

僕の受けた印象では、

アメリカ製=鳴り方がオープン

日本製=まとまった音像の鳴り方をする

という印象がありました。

これは塗装の厚み、使われている木材の影響も大きいとは思いますが、何よりアメリカ人は広い敷地で爆音鳴らし放題な環境育つことが無関係でない気がします。

音楽と同様、ギターもハイエンドなものはハンドメイドで人の手によって作られます。そうなれば当然、作り手が「イメージしている音」ってあるはずです。

その作り手がそれまでに聞いてきた音楽や、音のイメージが作っているギターに影響するのは当然のことかと思うのです。

SHAM
SHAM
アンプを含めたギターの鳴らしかたに対しても同様の見解を聞いたことがあります。明確な根拠はないんですけど、こういう作り手のフィーリングによる影響って、ハイエンドなギターほど大きく影響するように思います

(2)作りの違い

アメリカ製は雑、日本製は丁寧という俗説がありますが、僕自身はそれほど大きな違いを感じた事はありません。(安価なギターは除外)

少なくとも上記のようなハイエンドメーカーのギターを試奏した印象では、国内産のギターと変わらず仕上げも作りもしっかりした印象でした。

また、余談になりますが、作りが丁寧=いい音とは限らないのがギターの面白いところ。丁寧に作られたギターほど、音にまとまりがあって、バランスが良い印象があります。

逆に、多少の雑さ、バラツキがある方が音は荒々しさがあって良かったりすることもありますね(ビンテージギターなどはこの傾向が顕著かと)。

海外での日本製ギターの評価は?

昔は、

  • アメリカ製ギター=高価
  • 日本製ギター=安価

という図式でしたが、ここ10年くらいはすっかりそうではなくなりました。

海外では逆に日本製ギターの作りの良さが評価され、アメリカ製のものよりも高値で取引されることもあるようです。

FenderJapanなんかもそうですし、僕の好きなNuno BettencourtのシグネイチャーモデルWashburnのN4は、アメリカ製と日本製があるのですが、海外では日本製の評価が高く、高値で取引されていると聞いたことがあります。

※ちなみに現在WashburnのNシリーズはアメリカ製とインドネシア製しかない…はずです

その他の海外製ギターのクオリティはどうなの?

2018年現在、日本製のギターを買おうと思えばだいたい最低でも10万円くらいは出さないと買えなくなりました。

SHAM
SHAM
FenderJapanもなくなりましたしね。今はJapan Exclusiveシリーズがありますがやはり価格帯上がってます。

現在10万円以下の安価な価格帯のギターを生産するのは、アジア圏の海外工場に外注することがほとんどのようです。

  • 韓国
  • 中国
  • インドネシア

などが主な生産国ですね。

僕は、Musicman傘下のStarlingというメーカーのSilo3というギターを試した事がありますが、値段に見合わないクオリティに驚きました。

Stering by Musicman S.U.B SILO3

当然、価格に見合った作りの雑さなどはあるのですが、設計がしっかりしているため、

  • 弾きにくい
  • 音が悪くてどうしようもない

という、90年代の入門用ギターにあったようなことが全くありませんでした。

特に弾きやすさは特筆するレベルで、時間を忘れて弾きまくってしまいました(笑)オールジャンルに対応できる安価なサブギターをお探しの方には自信を持ってお勧めできるなと感じます。

※ただし、安価なギターなので個体差はあると思いますし、そこはある程度こちらでメンテするなり、手を入れるなりするという前提です。

大抵こういう価格帯の入門用ギターのシングルコイルってモコモコしててどうにも使えない音だったりするのですが、試して見たときは「案外いい音じゃん!」と思いました。

何より、このギターを手にした時に気づいたら20〜30分弾いていた、という事が証明していると思います。(音に極端なストレスあったら、そこまでの時間弾く気になりませんからね)

 

SHAM
SHAM
現時点では、これらの海外製ギターのクオリティは、ある程度のバクチ性と言いますか(苦笑)、個体差やバラツキがあるのは事実ですが、70年代から80年代の日本がそうであったように、今後どんどん技術力を高めていき、クオリティが上がっていくんだと思います。

まとめ

その昔、僕の親くらいの年代だと「日本製?ニセモンだよ!ダメダメ!」って感じだったりもしたみたいですが、僕の見解ではとっくの昔に日本製ギターのクオリティがアメリカ製ギターのクオリティに劣る事はなくなってるなと思いますね。

ちなみに僕は、基本的に国産のギターが好きです。

理由は、

・四季のある日本で、日本人が作ったギター

だからです。

特にCrews Maniacsoundのギターは長く愛用していますが、今ほど湿度管理をしっかりしていない頃からネック周りのトラブルは一切ありません。

Crewsはネックを数年寝かせてから作ると聞いたことがありますが、確かにネックコンディションは安定していますね。長年使っていれば多少は動きますが、少しトラスロッドで調整してやれば、問題ありません。

特に仕事道具としてのギターに求める事は、

・どんな環境でもストレスなく演奏できる安定性

が一番大きいので、信頼して使っています。

 

この記事が気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

5000人以上が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中

プロの目から見て最速でギターが上達する方法について解説しました。

・プロはみんな知っている”本当のピッキング”
・3万円の機材で総額130万円の機材を超える音を出す方法
・ギターを10倍弾き易くするギターメンテナンス法 etc.

期間限定で無料公開しているので、興味があったら受講してみてください。

今すぐ受講する!