5000人が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中
ギター

シングルコイルは音が細いという迷信

ギターの音に関してよく言われる事として

「シングルコイルは繊細でハムバッカーは音が太い」

というのがありますが、
その言葉を盲信して、

「シングルコイル=音が細い」

と思っている方がいます。

結論から言うと、
この認識は大間違いです^^;

僕は無料講座【5Days Guitar Seminar】の中で

「太い音=バランスの取れた音」

であるとお話しています。
(見てない方は是非一度見てみて下さい。無料のコンテンツですが音作りの基礎が学べます)

この観点から言うと、
きちんとバランスの取れた
シングルコイルのサウンドが、
ハムバッカーのそれよりも
音が細いなんていう事には
ならないのです。

シングルコイルの音が細いと思われてしまう原因

では何故
「シングルコイル=音が細い」
という勘違いが起こってしまうのか?

それは、
シングルとハムのサウンド比較のやり方に
原因がある様に思います。

上記の様な事を言う人は、
十中八九

【ハムバッカーに合わせたサウンドセッティングのまま、
シングルコイルに切り替えて弾いている】

のではないのかなと思います^^;

それじゃあ、
「シングルコイル=音が細い」
と感じるのも無理はありません。。。

ハムバッカーは構造上
2つのシングルコイルを繋げて音を出している様なものなので、
出力は当然シングルコイルのそれよりも
大きくなります。

出力の大きいハムに合わせて
作り込んだセッティングで、
シングルを鳴らせば、
当然歪み量も減るし、
音も細く感じてしまいます。

これが

「シングルコイル=音が細い」

という迷信の原因では無いのかなと思います。

※特にSSHやHSHと言ったハムとシングルが混在するピックアップ配列のギターを使っている人に多いのかな?と思います。

シングルコイルは
ハムバッカーに比べノイズが多いという特性はあるものの、
しっかりと音を作ってあげると
ある種ハムよりも荒々しく、図太いサウンドを
出す事ができます。

ピッキングに対してもハムより繊細に反応するので、
上級者向けと言えるかもしれません。

もしあなたが、
シングルコイルに対して
扱いにくい印象だったり、
音が細い印象を持っているなら、
是非ともそのサウンドの
ポテンシャルを再確認してほしいなと思います^^

次回は、より実践的に、

【シングルでもハムに負けない太い音を作るコツ】

についてお話したいと思います!

5000人以上が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中

プロの目から見て最速でギターが上達する方法について解説しました。

・プロはみんな知っている”本当のピッキング”
・3万円の機材で総額130万円の機材を超える音を出す方法
・ギターを10倍弾き易くするギターメンテナンス法 etc.

期間限定で無料公開しているので、興味があったら受講してみてください。

今すぐ受講する!