5000人が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中
ギター

プロギタリストが教えるマルチエフェクターの上位機種を使いこなすたった1つのコツ

前回、前々回とマルチエフェクターに
関する記事を書きましたが、
すでに上位機種を買ってしまったが
使いこなせない!
という悲しみの声が届いてますので(汗
今回は

機能が豊富な
マルチエフェクターの上位機種を
使いこなすコツ

についてお話ししたいと思います^^

機能が豊富なマルチエフェクター上位機種を使いこなすコツ

機能が豊富な
上位機種のマルチエフェクターを
使いこなすコツとしては、

”弄るパラメーターは最低限に絞る”

という事です。

例えば、
現在のマルチエフェクターにはほとんど
アンプシミュレーターが
内臓されていますが、
上位機種の
アンプシミュレーターになると、
キャビネットシミュレーターや
マイクモデリングまで
豊富に選択できるようになったりします。

これは一見、選択肢が多くて良さそうですが、
アンプタイプを含めると
その組み合わせは膨大になります。

その中から良いものを選ぼうとすると
どつぼにはまってしまいます(汗

これは内臓エフェクト全てにおいて言える事で、

コンプ+歪み+EQ

の様に、
基本となるサウンドを作る際に
内臓エフェクトをあれこれ
足し算するのも、
良い音が出ない原因
だったりします。

”なんとなく、良くなりそう”
”あるものは、使った方がいい”

みたいな考え方で追加した
エフェクトが、
良い効果をもたらす事はありません。

マルチエフェクターにおいて、
使用する内臓エフェクトの数は
必要最低限にしぼり、
なるべくその中だけで
サウンドを完結
できる様に
した方が、圧倒的に良い音になります。
(操作する箇所が減るので、
トラブル回避にもなります)

僕は、基本の音色を作る上では、
明確な意図がない限りは
コンプやEQは極力使いません。

これは、コンパクトエフェクターで
音作りをする場合にも同じ事が言えますね。

プロがどんな機材でも瞬時に良い音が出せる理由

プロや熟練者は、
こうしたアンプシミュレーターの
実機を触った事があったり、
「ここでこれをつかう」っていう
基準や感覚が明確
だから、
上位機種のように
豊富な機能がついていても、
瞬時にベストチョイスができる
=使いこなせるのです。

このような
”瞬間的ベストチョイス”を行うには、
レコーディング経験、アレンジ経験など
豊富な実践経験がなければ無理なので、
初心者や中級者がそれを真似するのは
なかなか難しいと思います・・・

ライブやレコーディングで良い音を出したいというなら・・・

以上の事を踏まえ、
初心者〜中級者が
ライブやレコーディングで
良い音を出したいというなら、
あれもこれもしようとしない事です!

EQを使ってみたり、
コンプを使ってみたり、
時にはシングルコイルを
ハムバッカーのような音色に帰るエフェクトをつかったり・・・
そうした細かく難しい事をする事が
音作りのこだわりの様に感じている方も
少なくないと思いますが、
足せばたすほど、失うものもあります。

料理と一緒ですね。
いろんな調味料を使えば、
美味しい料理ができるわけではありません。
時には塩を一振りするくらいが
一番美味しい味付けだという事もあります。

これは特にマルチエフェクターだとか
上位機種だとかに限らず、
音作りに迷った時には思い出して欲しい
考え方です。

5000人以上が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中

プロの目から見て最速でギターが上達する方法について解説しました。

・プロはみんな知っている”本当のピッキング”
・3万円の機材で総額130万円の機材を超える音を出す方法
・ギターを10倍弾き易くするギターメンテナンス法 etc.

期間限定で無料公開しているので、興味があったら受講してみてください。

今すぐ受講する!