5000人が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中
YouTube動画ギターレッスン

録音時の天敵!ピッキングノイズを軽減する為の5つのポイントその1 【プロ直伝ギターレッスン】

自分のギタープレイはなんだか音が汚い!
と悩んでいませんか?

プレイ、サウンドが綺麗にならない原因は
いくつかありますが、
もしかしたらピッキングノイズが、
その原因かもしれません。

今回はその
ピッキングノイズを軽減する為の
5つのポイント【前編】
ということで、
そのうちの3つのポイントについて
お伝えしたいと思います。

【レッスン動画はこちら】

【ポイント1】ノイズが出やすい音色になっていないか

ピッキングノイズが出やすい音色とは、
歪みすぎている音色
の事ですね。

【動画0:52〜】

このように、
歪みが強すぎると、
ピッキングノイズは目立ちやすくなります

「迫力を出したい!」
「音圧がほしい!」

そんな思いで
アンプやエフェクターのGainを上げる
人は少なくないかと思いますが、
逆効果です(汗)

歪ませすぎると
音の存在感はなくなり、
ペラペラな音になってしまいます

様々なノイズ
(ピッキングノイズや機材そのものが
持っているノイズ成分など)
も目立ちやすくなり、
良い事がありません。

【ポイント2】ピッキングが強すぎないか?

ピッキングが強すぎても
ノイズっぽく聴こえて
しまいます

ただし、
メタルやハードロックなどの
刻みで聴かれる、
ピッキングノイズを含めて
ニュアンスとしているような
プレイの場合は覗きます。

【動画2:24〜】

このように、
”ノイズを自分でコントロールしている”
ならば、何の問題もありませんが、
”常にピッキングノイズが出てしまう”
のであれば、注意が必要です。

【ポイント3】ピックを当てる角度

3つ目のポイントは
ピックを当てる角度
(ピッキングアングル)です。

※ピッキングアングルについて詳しくは
こちらの記事も読んでみてください。

僕が基本としている
平行アングルに比べ、
順アングルなど
ピックが斜めに当たると、
ピッキングノイズは出やすい
です。

【動画2:59〜】

左手を浮かせた状態で
1弦をピッキングしてみる
と、
自分のピッキングで
どのくらいノイズが出ているか
わかりやすいです。

【動画3:37〜】

ピッキングノイズが目立ってしまう!
という方は、
この方法で自分のピッキングが
どれくらいノイズを出しているか
確認してみるのも良い
ですね^^

残り2つのポイントは次回の記事で・・・

長くなってきたので、
続きは次回

【録音時の天敵!ピッキングノイズを軽減する為の5つのポイントその2】

でお伝えしたいと思います^^

5000人以上が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中

プロの目から見て最速でギターが上達する方法について解説しました。

・プロはみんな知っている”本当のピッキング”
・3万円の機材で総額130万円の機材を超える音を出す方法
・ギターを10倍弾き易くするギターメンテナンス法 etc.

期間限定で無料公開しているので、興味があったら受講してみてください。

今すぐ受講する!