5000人が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中
YouTube動画ギターレッスン

ピッキング上達法!手首の角度コントロールと回転その1【プロ直伝ギターレッスン】

プロのような音抜けの良い、
ミスタッチの少ないピッキングを
するにはどうしたらよいかと
悩んだ経験はありませんか?

今回はそうしたピッキングの改善策として、
手首を使ったピッキングの
解説をしたいと思います^^

【レッスン動画はこちら】

ピッキングやストロークをスムーズにするポイント

ピッキングやストロークが
うまくいかない人の共通点として
よくあるのが、

腕で弾いている
肘を固定して弾いている
手首だけで弾いている

などが挙げられます。

このようなピッキングスタイルだと、
繊細なピッキングができない為、
結果としてミスが増えてしまう
んですね。

基本的にピッキングやストロークは
“上腕からの動き”
キーポイントになります。
(詳細は動画をご覧ください)

【動画0:53〜】

こうした上腕からの動きが
コンパクトな動作になっていって、
最終的に単音のピッキングなどにも
繋がっていくというイメージです。

単音ピッキングの時などは、
ほとんど上腕は動きませんが、
上腕からの筋肉の動きを
イメージしてやると、
ストロークとの切り替えや
様々なピッキング法を行う上で
スムーズに演奏できる
ようになります。

指先を使ったピッキングについて

基本的にはピッキングのときに、
親指と人差し指の指先だけを
使ってこねくり回すような
ピッキングするのは
NGだと僕は考えています。

【動画1:16〜】

指先を使ったピッキングというのは
基本的に手首と腕の振りを使った
スタンダードなピッキングができた上で、
”さらに細かいニュアンス”
を表現するとき
や、
速いフレーズを弾く時などに、
基本となる
”手首と腕の振りを使ったピッキング”
にプラスして使うものである
というのが、
僕のピッキング論です。

手首の動きを身につけるにはストロークから練習してみよう

手首の動きを体得するには、
まずはストロークの練習を
するのが良い
です。

ストロークの基本は、
手首を横に振る動きと
縦に回転する動きの
組み合わせ
になります。

【動画2:29〜】

手首だけでなく、
腕の振りもしっかり加えてあげましょう。
そうすることで
手首のスナップの効いた
素早いストロークができるようになります。

【動画2:48〜】

ストロークができるようになると、
あとはその動きをコンパクトに
していけば、
手首を使った基本的なピッキングを
するのはそれほど難しくないはずです。



長くなったので、
続きは次回
”ピッキング上達法!手首の角度コントロールと回転その2”
でお話ししたいと思います^^

5000人以上が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中

プロの目から見て最速でギターが上達する方法について解説しました。

・プロはみんな知っている”本当のピッキング”
・3万円の機材で総額130万円の機材を超える音を出す方法
・ギターを10倍弾き易くするギターメンテナンス法 etc.

期間限定で無料公開しているので、興味があったら受講してみてください。

今すぐ受講する!