5000人が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中
信念・考え方

今この時代にロックという音楽ジャンルを演奏することはロックではない

次世代型ギタリストのSHAMです。

僕がネットを活用して活動する理由。
それは、

  • 無名の個人でも影響力を持つことができるから
  • ほぼノーコストで集客できるから
  • 世界中の人に自分の音楽を聴いてもらえるから

このどれもが正解ですが、
一番の理由は別にあります。

それは…

今この時代に一番ロックな活動が「インターネットを活用すること」だからです。

どう言うことかお伝えしますね。

ロックの歴史を紐解いてみると…

まず、前提として…

1960年代後半に、ロックが市民権を得て、
70年代に入って音楽性が多様化し、大きく発展した。
そして80年代になり、一気に商業化の波が押し寄せ、
ロックはそれまでの「反社会性」や「反骨精神」を失い、
「音楽ジャンル」としての側面が主となった

というのが、僕なりのロックの歴史の捉え方です。

こちらの記事で書いたように、20代前半の頃、僕は「オリジナリティとは何か?」をめちゃくちゃ考えてました。

あわせて読みたい
アイデアは生モノ。”個性的なバンド”を作ろうとして失敗した話こんにちは! 次世代型ギタリストのSHAMです。 今日は、僕のバンド時代の大失敗ストーリーを聞いてください(苦笑) 新バンド結...

そして、ある時に悟りました。

「自分が心を震わせてきた音楽は、ほぼ全て過去の作品の焼き直しである」と。

大好きだったLUNA SEAだって、GLAYだって、唯一無二のバンドに見えていましたが、細かく見ていけば、ルーツがあるんです。

そして、そのルーツを辿っていくとどのアーティストをたどってもある終着点に着きます。

ビートルズです。

僕は決してビートルズに詳しいとはとても言えませんが、直接的であれ、間接的であれ、ビートルズがポップスを開発したのは明白です。

そして、ロックギターという観点で言えば、

ジミヘン、
クラプトン、
ジミー・ペイジ…

といったクラシックロックのギタリスト達の影響はロックを語る上で無視できません。

今でこそ当たり前な「歪んだギター」は、当時は超異端なものだった訳です。

ジミヘンなんて聞いてたら「お経みたいだ」「頭おかしい」くらいに言われたという話もあるくらいです。

それらが、今は当たり前になりクラシックになった。

当時のミュージシャンが、ギターを歪ませたり、ブルースをベースにした音楽から脱却して行ったりと行った新しいアプローチをしていたことそのものがロックであり、時代を変えて行った。

じゃあ仮に、ジミヘンが今の時代に生きていたら、今でもファズフェイス (ジミヘンが愛用したエフェクター)を使うか?

(こんなこと言ったらジミヘンファンに殴られそうですが…)
僕はきっと使わないと思う。
当時、最先端のエフェクターを駆使して新しいサウンドを生み出そうとしたジミが、いつまでも同じものを使い続けるとは到底思えないのです。

歪んだギターを弾いてる時点で、音楽で革命を起こすことは困難

個人的に、最後にロックギターで革命を起こしたのはエディーヴァンヘイレンだと思っています。

それ以降は、残念ながら革命というほどではない。
(素晴らしいプレイヤーはたくさんいますが)

20代前半で、そのことに気づいた時、目の前が真っ暗になりました。

「歪んだギターでロックを演奏する」その時点で、もう新しさなんてないんじゃないか。
「新しいものなんて生み出せないんじゃないか」そう思いました。

そこから、今この時代で本当にロックな在り方とはなんだ?
と自問するようになりました。

数年後、23歳の頃インターネットを活用したマーケティングに出会った時に、「これだ!」と気づくことができたのは、この時の挫折感があったからこそかもしれません。

まとめ

僕自身「ロックがすでに死んだ」90年代の音楽に影響を受けているので、80年第以降の音楽を否定的には全く考えていません。

ただ、今この時代にロックという音楽ジャンルを演奏することは、概念としての「ロック」ではないと言える。

今の時代のロック、つまり

  • まだ見ぬ世界を見ると言うことは何か?
  • 大衆に新しい価値観を提示することは何か?

そう考えた時に、

今一番、挑戦的で、発展途上で、スリルがあること

インターネットを活用して生き様を発信すること

ではないかと思うのです。

ジミヘンたちは、文字通り

音楽やギターで生き様を発信していた

訳ですから、大局的には同じことだと僕は思っています。

そう、次世代型ギタリストというライフスタイルはロックそのものなのです。

あなたも、一緒にロックな人生歩んで見ませんか?

この記事が気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

5000人以上が受講したオンラインギター講座、今だけ期間限定で無料公開中

プロの目から見て最速でギターが上達する方法について解説しました。

・プロはみんな知っている”本当のピッキング”
・3万円の機材で総額130万円の機材を超える音を出す方法
・ギターを10倍弾き易くするギターメンテナンス法 etc.

期間限定で無料公開しているので、興味があったら受講してみてください。

今すぐ受講する!